ロマンス宣教師、東京組が聖地に到着。


ジャガチュー前日の4月17日のことである。


やはり、雲仙はいい。

DSC_0310.JPG

日本一の市役所職員、柴田宣教師と共に優雅なブランチ。
絶景ランチだ!


DSC_0311.JPG


そして、協会名誉本部、島原鉄道「愛の駅」へ。
ジャガチューバス発着所があるから驚きだ!

DSC_0312.JPG


何となく誇らしい協会名誉本部。


DSC_0313.JPG

風見鶏ならぬ、協会ロゴは、
常に隣駅の吾妻(わがつま)の方に向いている。

DSC_0316.JPG

本当に売っている「最愛認定証」
ロマンチスト必須アイテム、とのこと。


DSC_0317.JPG

それぞれのパートナーに向け、
最愛認定証を購入する、協会宣教師たち。


DSC_0334.JPG

市民がつくった、ロマンスチェア。
ふたりの距離感が計れるという優れもの(笑)
高見宣教師と波房事務局長のツーショット。

201004170004.jpg

聖地では植物にも異変が起きている?


DSC_0336.JPG

これが聖地名物、ロマンスポテトを使った郷土B級グルメ、
「じゃがちゃん」。

長崎の人ならみんな知っているらしい。

DSC_0352.JPG

そして、雲仙温泉へ。相変わらず、粋なはからいの聖地の人たち。

201004170003.jpg

雲仙でも龍馬旋風が。

201004170002.jpg

東京組が宿泊した旅館にもジャガチューの告知。
すっかり町の風物詩になっているところが嬉しい。

DSC_0362.JPG

夜は雲仙「愛の聖地」プロジェクトのメンバーと共に、
前夜祭が行われた。

愛の聖地プロジェクト 実行委員長であり、
叫ばれ畑の持ち主である、柴田雲仙市議も参加。

DSC_0357.JPG

神戸支部の大石支部長が、応援に駆けつける。
ものすごい勢いでロマンスを加速させる神戸支部。

神戸支部開発、相合傘専用傘「アンブレラブ」を
引っさげて参戦。

DSC_0358.JPG

群馬県嬬恋村村長、藤枝市長、名護市商工会会長、
ロマンチスト協会神戸支部長、ハウステンボスなど、
全国でロマンティックなまちづくりを行っている人たちから
応援メッセージが届き、「つながりを広がりへ」と
熱く語る、波房事務局長。


201004170001.jpg

最後は、協会宣教師たちによる、
決意表明を記載して、明日のジャガチューに備える。

楽しい夜だった。

2010年4月17日 17:19 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントを投稿する

このブログ記事に対するトラックバックURL:http://japan-romance.com/mtadmin/mt-tb.cgi/105

Get Adobe Flash player