国連大学でワールドシフトフォーラムなるイベントが行われた。


世界を変える30の提言、と題して、
今をトキメク、30人の活動家による、worldshiftの提言(講演)が行われた。


国連大学06.JPG

↑ワールドシフトの公式サイト


野中ともよ氏やら、田坂広志氏やら、竹村真一氏やら、
わりと、大げさなメンバーだ。


bannar20100425.gif

↑フォーラムの概要はこちら



何を思ったか、当協会にもお声かけいただき、
波房事務局長と、奥村雲仙市長(長崎本部長)がプレゼンターとして登場。


講演タイトルは、
「ロマンス循環型社会に向けて~雲仙愛のまちの事例~」


ちなみに、市長とは渋谷で待ち合わせ、というポップな感じ。

国連大学03.JPG

学生時代、恵比寿に住んでいたと、
ノスタルジックな気分になっている市長と渋谷にて。

国連大学02.JPG 

市長と一緒に渋谷から国連大学まで歩く。

国連大学.JPG

国連大学、なかなか、壮観だ。


しかし、ツイッターといい、ustreamといい、
リアルタイムで情報発信される、
という伝達速度の速さにはビックリする。



↑波房事務局長と奥村市長の講演はこちらから。


ちなみに、当協会からの提言、○→○へシフトする、はもちろん。


国連大学05.JPG


「世界中の人に称賛されるより、ボクはヨメにモテたい」
(by 波房事務局長)


会場の皆さんにも、よかった!という称賛をいただいた。
何より、市長のロマンティックぶりに圧巻。

国連大学04.JPG

最後に記念撮影。
左から、日本で一番ロマンティックな市役所マンの柴田宣教師。
中央、日本で一番ロマンティックな市長、奥村雲仙市長。
右、日本で一番ロマンティックな事務局長、波房事務局長。




2010年4月25日 12:04 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントを投稿する

このブログ記事に対するトラックバックURL:http://japan-romance.com/mtadmin/mt-tb.cgi/111

Get Adobe Flash player