沖縄県名護市。


ちょうど、1ヶ月ほど前、
壮大な社会実験が始動した。


耕作放棄地の有効活用と町おこし。


日本蕎麦の文化がない沖縄で、
耕作放棄地に日本蕎麦の種を撒き、
新しい地域の資産としていこう、


そして、その蕎麦の育成と、新たなブランド作りのため、
収穫前の最後のひと仕上げに、カップルたちが愛を叫ぶ。


そんな愛と勇気のパワーを受けて収穫される蕎麦を
「愛の叫ばれ蕎麦」として世の中に打って出る。


愛の勇気農法を実践するべく、
「ソバ畑の中心でロマンスを叫ぶ」=ソバチューが、
沖縄県名護市で行われた。


●1ヶ月前の種まきの様子
http://japan-romance.com/blog/2009/11/post-44.html



DSC07963.JPG


↑1ヶ月で蕎麦の花が咲いた耕作放棄地。ステキすぎる。


DSC08142.JPG

↑そんな感じで、12月19日(土)、ソバチューが行われる。

 

DSC07983.JPG

朝6時20分羽田発の飛行機で駆けつける、波房事務局長。
波房事務局長の到着とともに、イベントが始まる。 

DSC08027.JPG

いつものように、参加者全員による、正しい叫び方演習。 

 

たくさんの叫ぶイベントに参加してみると、
それぞれの地域でオリジナリティがあることに気づく。

 

DSC08045.JPG

溢れる想いを、あらん限りの力で叫ぶ、ロマンチストたち。

DSC08058.JPG


ソバチューでは、叫び台に対して、叫ばれ台が用意されていた。
叫ばれたパートナーが、感極まり、叫び返しを行うこともしばしば。

DSC08073.JPG   DSC08093.JPG

ここ名護でも、
結婚40年以上のカップルから、交際数ヶ月のカップルまで、
愛溢れる叫びが、蕎麦畑に響く。


DSC07999.JPG


名護市長も、奥さまを伴い、叫び人として参加。

DSC08066.JPG 


市長シャウトもなかなかの叫び。

DSC08114.JPG


中には、ダーリン愛してる、いつまでも離さないの叫びのあと、
旦那さんが捕獲される、という余興つきシャウトも。


ちなみに、1月23日には蕎麦の収穫プラス、
蕎麦打ち体験イベントも予定されている。


福井から、蕎麦打ち職人コンテストのチャンピオンが
応援に駆けつけ、蕎麦打ちを披露してくれるらしい。


今回の叫び人たちも、蕎麦打ち体験に参加予定。
1月23日、MY蕎麦チョコで蕎麦を実食すべく、
参加者全員で陶芸体験。

PC190237.JPG  PC190277.JPG

PC190260.JPG  PC190280.JPG

 
カップルで、陶芸体験というのも、なかなかロマンティック。


最後に、参加者に、ロマンチスト認定証が配られる。

PC190326.JPG  PC190327.JPG PC190325.JPG

PC190328.JPG  PC190329.JPG  PC190330.JPG


ロマンチストたちの笑顔がある限り、
名護のまちは元気であり続けるに違いない。

DSC07912.JPG 


参加者には、愛の種と称して、蕎麦の種が配布された。
ぜひ、愛とともに蕎麦の実も育んでほしい。

DSC08018.JPG

小さなきっかけと、ちいさなモチベーションが、
まちを元気にする。


1ヶ月前は、耕作を放棄された場所が、
いつしか、ステキな物語が育まれる場所に。


町おこしは、ロマンス力によって成されるべき。


沖縄から、ロマンスを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2009年12月19日 17:51 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントを投稿する

このブログ記事に対するトラックバックURL:http://japan-romance.com/mtadmin/mt-tb.cgi/78

Get Adobe Flash player