自粛要請も出ている中、一体だれのために暗躍するのか?

もちろん、「世界で一番大切なひとのため」である。

会長自ら、ベランピングを行い、新婚生活を謳歌している。先だって、そんな会長にインタビューが。

https://withnews.jp/article/f0200521003qq000000000000000W02q10101qq000021161A

コロナ離婚、という言葉がある、悲しい言葉だ。

生活様式が変わったことによる息苦しさ、家族以外の大切な友人や趣味の仲間と、直接コミュニケーションを取りにくい重苦しい雰囲気。協会役員たちのところにも、相談が絶えない。

どうかそんな中でも、手の届く範囲の工夫で少しだけ幸せになれる時間があることを、思い出して欲しい。

耐雪梅花麗(雪に耐えて梅花麗し)。

パートナーが耐え忍ぶ姿に寄り添い、その努力を愛でることが出来るのは、あなただけなのだ。

どうかいまこそ、Be Romantic !

おうち生活に潤い「日本ロマンチスト協会」がすすめる非日常の妄想力

2020年7月31日 10:26 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントを投稿する

このブログ記事に対するトラックバックURL:http://japan-romance.com/mtadmin/mt-tb.cgi/252

Get Adobe Flash player