冬の過ごし方

2018年11月28日

ハロウィンが終わったあと、すぐにクリスマスイルミネーションに切り替わる。

街で感じるのは「季節」ではなく「気候」にすぎず、イベントを終えると次のイベントの準備にとりかかる。

そんな、何かに操られるような日々の積み重ねに、少し違和感を覚える。

人生は自作自演のドラマである。自らの感性とアンテナを信じ、大切な人の笑顔を思い浮かべながら考えるイベントが、ヒトと違ってもいいではないか。

灯台もしかり、下北沢支部のメンバーが取り組む脱出ゲームもしかり。

ヒトの数だけロマンスがある。そんなことを考える、秋の夜長というには些か寒すぎる夜。

45745314_296629714281857_2415505700512858112_n.jpg
ttps://twitter.com/REBUILD_nazo/status/1060081147416207360


灯台がまたしても新聞に。事件は繰り返される。
https://www.asahi.com/articles/ASLCP5W08LCPUOHB016.html


ロマンスウェディング、ココロオドル事件。
https://this.kiji.is/426550997688697953?c=39546741839462401

この世界は、ロマンスに満ちている。さあ、冬が来る。

灯台の日。

2018年11月 5日

11月は、「いい」月である。

カレンダーを見ると、11月にあやかり「いい〇〇の日」という記事が溢れている。

そんな11月1日が実は「灯台の日」であることを、皆様ご存知だろうか?

奇しくも今年は灯台が日本に導入されてから150周年の節目の日。

その良き日に、海上保安庁は「灯台文化に寄与したヒト、団体」の表彰を執り行った。

「恋する灯台プロジェクト」による、日本ロマンチスト協会の活動が評価され、

その栄誉に、「日本ロマンチスト協会」が!

そしてこのブログでは初めての画像を公開するが、彼こそが日本ロマンチスト協会会長「波房克典」氏だ。

表彰IMG_1529.jpg
雲仙市「愛の町」にはじまるロマンスの旅は、全国の灯台に広まっていく。この道の果てに、ロマンチストが増えると日本が少しだけハッピーになる「ロマンス循環型社会」があるものと信じ、今日も我々の暗躍は続く。

更なるロマンスへ!Be Romantic!!


ロマンス県「NAGASAKI」

2018年10月25日

「ロマンスウェディング」の興奮冷めやらぬ中、次は長崎市の「恋する灯台」で事件は起こる!

「灯台はデートスポットになる」ということを証明した今、「広く観光素材になり得るか?」を世に問うべく、
「恋する灯台モニターツアー」を山形に続きロマンス県こと「長崎県」で決行!

iojima_01.jpg
https://www.ktn.co.jp/romance-toudai/



奇しくも「恋する灯台」キャンペーン、真っただ中。

https://romance-toudai.uminohi.jp/campaign2018/



奇しくも11月1日は、「灯台の日」

https://www.kaiho.mlit.go.jp/soshiki/koutsuu/lighthouse-anniversary.html

灯台の日には、更なるニュースがお届け出来ると確信している。

秋の海と灯台を熱く燃え上がらせるロマンチスト協会の、事件はまだまだ終わらない。


ロマンチスト協会の聖地「雲仙市愛の町」、今年も聖地の住民は総出で、たった一組のカップルの幸せを全力応援する。

そう、今年もロマンスウェディングがやってくる。

数々のロマンスの聖地が育つ中で、それでも名誉本部が「愛の町」にあるのはこれがあるからである。

43300271_415776678952476_5150536931825680384_n (2).jpg
さぁ皆さんも、この世界で最もロマンティックなこのカップルを、祝福しに、聖地を訪れてみないか!?

https://www.city.unzen.nagasaki.jp/info/prev.asp?fol_id=10176
全国の災害のことを、思ってみる。

そこで暮らす方々の苦しみ、疲労、悩みは如何ばかりか、と考えてみる。

そして一方で、災害によって崩れてしまう前の美しい自然や街並み、人々の営みを想像する。

我々は、繋がっている。被災やその風評被害に遭っている人々との繋がりを、その地への愛を、表現したくなった。

我々が名誉本部を置く「雲仙市」もまた、普賢岳の麓に位置し、その直接的・間接的な被害に屈せずに、立ち上がってきたではないか。

そしていま、北海道への愛を語ってみたくなった。そして訪れたくなった。

非ご高覧いただきたい。そして気に入れば、ご参加を。



以下、プレスリリースから転記させていただく。




一般社団法人日本ロマンチスト協会会長・波房 克典、同神戸支部長・辻村 謙一、同横浜支部長・柳澤 史樹、同九州統括本部長・柴田 英知ほか有志一同は、このたびの平成30年北海道胆振東部地震を受け、北海道全体を支援するためにFacebookグループページ「やっぱり、北海道が大好き」を立ち上げました。


バナー


URL: https://www.facebook.com/groups/YappariHokkaido/



■立ち上げの経緯

この度の地震により、北海道では直接的な被害はもちろん、観光客が激減するという間接的な被害にも見舞われています。そこで、恋する灯台プロジェクトで連携させていただき、北海道の魅力に見せられた日本ロマンチスト協会の有志が集まり、日ごろお世話になっている北海道へ何か恩返しがしたい、日本全国に北海道の良さを広めて多くの人に訪れてもらいたい、という想いのもと、本ページを立ち上げることになりました。



■「やっぱり、北海道が大好き」とは

北海道といえば、大自然や食をイメージされることが多くあります。しかし、北海道は異国情緒やフロンティア精神あふれる文化、大陸的なおおらかな雰囲気など、実にさまざまな顔を持っています。そこで、全国の"北海道好き"たちがスマートフォンやパソコンの画像フォルダの中に大量に保存しているであろう北海道画像を、ここぞとばかりに放出していただき、より多くの人たちに「見たことのない北海道の良さ」に触れていただこうと考えております。そして、最終的に、次の旅先として「北海道」が選ばれることを目的としています。

※閲覧・投稿するためには、「参加する」ボタンのクリックが必要となります。



■恋する灯台とともに、北海道を愛する日本ロマンチスト協会会長・波房 克典のコメント

恋する灯台プロジェクトを通じて何度も北海道に訪れて感じるのは、その雄大な光景、果てしなく広がる空の青、そして胸躍る山海の幸、それら全てにロマンがあるということ。明治より150年。この150年という長いようで短い年月の中で、幾多の人々が北海道に渡り、そしてさまざまな人生を織りなしてきたことを考えると、改めて感慨深く、そんな北海道の雄大な自然を前にすると、フロンティアスピリッツが湧き上がります。もちろん、北海道の皆さんには日常のことではありますが、道外の人からすると、北海道は人生を改めて見つめ直し、日々の活力を取り戻す力があるのではないかと思います。北海道支援といってしまうと大げさですが、北海道のロマンティックな魅力を道外から発信し、仲間たちに呼びかけ、仲間たちが投稿した素晴らしい写真をみて、自分自身も触発を受けて、また北海道に訪れる、そんな取組をしてみたくなりました。


ブログ記事一覧を見る

Get Adobe Flash player