冬の過ごし方

2018年11月28日

ハロウィンが終わったあと、すぐにクリスマスイルミネーションに切り替わる。

街で感じるのは「季節」ではなく「気候」にすぎず、イベントを終えると次のイベントの準備にとりかかる。

そんな、何かに操られるような日々の積み重ねに、少し違和感を覚える。

人生は自作自演のドラマである。自らの感性とアンテナを信じ、大切な人の笑顔を思い浮かべながら考えるイベントが、ヒトと違ってもいいではないか。

灯台もしかり、下北沢支部のメンバーが取り組む脱出ゲームもしかり。

ヒトの数だけロマンスがある。そんなことを考える、秋の夜長というには些か寒すぎる夜。

45745314_296629714281857_2415505700512858112_n.jpg
ttps://twitter.com/REBUILD_nazo/status/1060081147416207360


灯台がまたしても新聞に。事件は繰り返される。
https://www.asahi.com/articles/ASLCP5W08LCPUOHB016.html


ロマンスウェディング、ココロオドル事件。
https://this.kiji.is/426550997688697953?c=39546741839462401

この世界は、ロマンスに満ちている。さあ、冬が来る。

2018年11月28日 17:31 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントを投稿する

このブログ記事に対するトラックバックURL:http://japan-romance.com/mtadmin/mt-tb.cgi/247

Get Adobe Flash player