雲仙愛の聖地に刻まれた歴史01

unzen013-1.JPG
大勢のロマンチスト達に見送られ、聖地愛の駅のホームで電車を待つ新郎新婦たち。

unzen13-3.jpg
列車がやってきた。
何と、ヘッドマークがロマンス仕様になっている。

unzen014.JPG
側面にもしっかりと「AINO ROMANCE TRAIN」の文字が。

unzen015.JPG
通常は1両編成の列車だが、島原鉄道さんの計らいで、特別に2両編成。
公共交通機関をロマンス仕様にしてしまうとは、称賛されるべきロマンス力だ!!

unzen016.JPG
「愛の駅⇒吾妻駅」への移動。読み方を変えると「いとしの(愛野)わがつま(吾妻)」。
吾妻駅に降り立った新郎新婦を迎える大勢のロマンチスト市民。

unzen017.JPG
愛の駅と同じくらいの人々が集まった吾妻駅前。

unzen018.JPG
ここでもセレモニーが行われる。

unzen019.jpg
地元学生のマーチング楽団に先導されて新郎新婦を次の会場に運ぶHAPPY WEDDING TRAINが登場。

unzen020-3.JPG

沿道からのたくさんの祝福を受けながら、次の会場へと向かう。

unzen024-0.JPG
次の会場までの沿道には、青い風船が飾られ、プレゼントブルーロードになっている。

unzen024.jpg
遂に披露宴会場、小浜に到着。
ここから更なるサプライズが始まる。

2011年12月 9日 20:15 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントを投稿する

このブログ記事に対するトラックバックURL:http://japan-romance.com/mtadmin/mt-tb.cgi/214

Get Adobe Flash player