TEWlogo.jpg






2010年12月6日(月)、TOKYO EARTH WORKERS 市民ミーティング
が開催、「EARTH WORKERというエンターテイナー」をテーマに、
トークセッションが行われた。

TEW03_IMG_1363.jpg


「ゴミ問題を遊ぼう!」というコンセプトで、ゴミに関心を持つ人を
増やそうとするプロジェクトGARBAGE BAG ART WORK。

ゴミ置き場をアートにするプロジェクト」や、「ゴミは楽しく持って帰ろうよ
プロジェクト」など、面白い仕掛けが詰まった企画を数多く実践。


ゴミ拾いをスポーツにしてしまおうという大胆な発想から
2008年にスタート。

チーム制でルールを決めた、スポーツマンシップに則った
ゴミ拾いなら、道に落ちているただのゴミも、参加選手には
宝物に変わるという。

TEW03_IMG_1375.jpg

子どもたちにより安全で豊かな放課後を過ごしてもらいたい。
衣、食、住、文化、スポーツなど様々な分野で体験型の
「放課後プログラム」を提供する団体。

お笑い芸人から一流企業まで、数々の市民先生を招いた企画を
実践している。
ゴミ拾いという誰にでも出来る事から自分を変え、周りを変え、
人生を変えた物語。
新宿歌舞伎町からスタートしたたったひとりのゴミ拾いは
その賛同の輪を日々広げている。

そして、ファシリテーターは日本ロマンチスト協会会長波房克典。
球環境保全活動を始めた動機が、純然たる社会善からではなく、
たとえば、ホメられたい、モテたい、ミトメられたい、といった極めて
「利己的な」モチベーションから活動を始めた結果、いつの間にか
楽しく広がり、社会からも称賛された、といった体験を有する
プレイヤーによるトークセッション。

TEW03_IMG_1392.jpg
全てに言えるのはモチベーションの連鎖をデザインしているということ。
そして、ポイントなのに忘れがちなことは、

「企画を考える人がプレーヤー目線であり続けること」

真面目なのに面白い、仕事を遊びに変える技術が詰まったイベントとして、
参加者の心にアイデアの種が蒔かれたに違いない。

2010年12月14日 15:41 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントを投稿する

このブログ記事に対するトラックバックURL:http://japan-romance.com/mtadmin/mt-tb.cgi/173

Get Adobe Flash player