6月14日(月)、ロマンスウィークの初日、
東京ミッドタウンにて、
第1回ジャパン・ロマンス・アワードが行われた。

awardIMG_5709.JPG

熱気を帯びた、東京ミッドタウン。

awardIMG_9618.JPG

awardIMG_9619.JPG

東京ミッドタウンのスクリーンに映し出される、
ジャパン・ロマンス・アワードの紹介。

awardIMG_5621.JPG

イベント運営を行う、頼もしき宣教師諸氏。
アワードで使われた楽曲は全て、この日のために作られた
オリジナル楽曲。作ったのは大野宣教師、土屋宣教師。

awardIMG_5625.JPG

登壇者のアテンドを見事に取り仕切る山口宣教師。

awardIMG_5706.JPG

この人なしには、協会イベントは成立しない、
プロのイベントディレクター片山宣教師。

awardIMG_5694.JPG

本イベントの現場責任者、長沼副事務局長。
愛妻家で知られるが、仕事ではスナイパーの異名をもつ。

awardIMG_5651.JPG

この作り込みはスゴイ!
全て、協会宣教師による手作りイベントだ!

awardIMG_5649.JPG

ものすごい数の報道陣が詰めかける。

awardIMG_5674.JPG

受賞者に授与される、ジャパンロマンスアワード、
クリスタルトロフィー。

awardIMG_5658.JPG

会場に燦然と輝く、ロマンスポテト!

awardIMG_5726.JPG

18時30分、第1回ジャパン・ロマンス・アワード開始。

awardIMG_5729.JPG

司会はロマンスアナウンサー、天谷由佳氏。

awardIMG_5756.JPG

波房事務局長より主催者挨拶。
ロマンス力に優れた、モノ・コト・ヒトを表彰することで、
社会に幸せの好循環が生まれると、力強い挨拶。

awardIMG_5787.JPG

アワードのプレゼンターは、このヒト。
主席ロマンス研究員、井手迫義和氏。

awardIMG_5799.JPG  awardIMG_5800.JPG

栄えある、第1回ロマンチスト部門の受賞者は、
やはりこのヒト、石田純一氏。

受賞理由は以下の通りだ。

いつまでも年齢を感じさせないルックスに、
爽やかな立ち居振る舞い。
褒め上手で、いつも明るく、周囲を笑顔にしてきた
ホスピタリティ溢れるパーソナリティ。
その全てが、依然、多くの女性に好感を持たれている。
そんな国民的ロマンチストこそ、
第1回JAPAN ROMANCE AWARDの受賞に相応しい。
今年は最愛のパートナーと結婚され、
"ロマンチスト=大切な人を世界で一番幸せにできる人"を
体現してくれるものと思われ、
その幸せを心より祝福したい。おめでとう。

awardIMG_9358.JPG

何と、この日は、ハネムーン中で、欠席であったが、
ビデオレターが寄せられ、最愛のパートナーである理子さんを
世界で一番幸せにすると誓う。

新語録「ロマンスは文化です」というステキなメッセージも
いただいた。

awardIMG_5811.JPG

受賞トロフィーは、事務所の後輩であり、
俳優の川阪勇太さんが受け取った。

awardIMG_9398.JPG  awardIMG_9399.JPG

ロマンスタウンの受賞は東京タワー。

受賞理由は以下の通りだ。

TOKYOのシンボル、唯一無二のランドマーク。
半世紀以上、東京の中心で、
たくさんの人生の移ろいを見守ってきた東京タワー。
この鉄塔には、人それぞれの想い、
そしてロマンスが詰まっている。
今でも多くの人に愛され、
タワーの前で記念撮影をする人が絶えない。
そんな温かみを感じる一方で、
夜のライトアップは都会の華やかさの象徴

awardIMG_5827.JPG

受賞トロフィーは、マスコットキャラクター、
ノッポン兄氏が受け取る。

awardIMG_9410.JPG


東京タワーでは、「ロマンスの日」であり、
ワールドカップ日本代表戦が行われる6月19日(土)、
日没~24時まで「ダイヤモンドヴェール」を青くライトアップする。


日本を応援する気持ちも込めた、
通称「プレゼントブルー ダイヤモンドヴェール」。


今年は偶然にも、ロマンスの日と
ワールドカップ日本戦が重なったが、
東京タワーは来年以降も、6月19日「ロマンスの日」に、
プレゼントブルー ダイヤモンドヴェールが点灯されるとのこと。


awardIMG_9431.JPG awardIMG_9432.JPG


ロマンステクノロジー部門は、
サントリーフラワーズ(株)が
開発した、
「SUNTORY blue rose APPLAUSE」。
通称、「青いバラ」である。


awardIMG_9446.JPG


受賞理由は以下の通りだ。


過去800年間、多くの育種家が挑んできた夢、それが青いバラ。
英語では「不可能」の代名詞とも言われてきたが、
遂にその開発に成功した。
その名、「アプローズ」には、喝采という意味があり、
ずっと追い続けた夢を、やっと叶えた喜び。
新しい夢を見つけ、向かっていく勇気。
その気持ちへの喝采を多くの人に届けたい、
そんな想いが込められている。花言葉は「夢かなう」。
夢をかなえた青いバラを手にしたとき、
夢をあきらめない素晴らしさを感じることができるだろう。

 

awardIMG_5842.JPG


トロフィーを授与されたのは、
サントリーフラワーズ(株)代表取締役社長、森本篤郎氏。


awardIMG_9456.JPG  awardIMG_9459.JPG


ロマンスサービス部門は、
NPO法人環境リレーションズ「Present Tree」。


awardIMG_9465.JPG


受賞理由は以下の通りだ。


「贈りものに樹を植えよう」をコンセプトに植林証明書と
メッセージを贈るエコアクション。
<メッセージ例>「君の樹を植えました。これが小さくても
君の夢の一歩になれば幸いです。
俺も君の素敵な夢を一生懸命応援したいと思います。」
「木婚式の記念に。この木が大きく育つ
10年後に迎える結婚15年目。
緑豊かな地球に戻っていますように。
そして今と変わらぬ仲良し夫婦でいられますように...」
大切な人との未来を願うとき、人は誰しもロマンチストになる。
既に7万人の参加者の笑顔を生んだ功績は大きい。



awardIMG_5877.JPG


トロフィーを授与されたのは、
NPO法人環境リレーションズ研究所理事長、鈴木敦子氏。
「環境大臣賞をもらったときより嬉しい」とコメント。


awardIMG_9473.JPG  awardIMG_9474.JPG


ロマンスカンパニー部門は、相模ゴム工業(株)が受賞。


awardIMG_9485.JPG


1000kmの距離を、二人の愛を確かめる男女。


awardIMG_9486.JPG

受賞理由は以下の通り。


同社が実施したキャンペーン 「Love Distance」は、
遠距離恋愛をしている実在の男女が、
男は福岡から、女は東京から、その愛を確かめるため、
走り抜いた感動のドキュメンタリーである。
その距離1,000km。二人の距離を縮めたのは、
まさしく愛そのものである。
しかし、"それでも愛に距離を。"という同社のメッセージは、
"恋愛には適切な距離が必要である"、
という一貫した企業姿勢の体現であり、
そのロマンス力溢れる理念こそが、
同社を優れた製品開発に向かわせる。


awardIMG_5908.JPG


トロフィーを授与されたのは、
相模ゴム工業(株)営業企画室室長 樋沢洋氏、
LOVE DISTANCE出演者、川崎翔平氏、あべ野いおり氏。



awardIMG_9499.JPG
  awardIMG_9501.JPG


ロマンスクリエイティブ部門、エンターテイメント受賞者は
(株)コナミデジタルエンタテイメントの
恋愛コミュニケーションゲーム「ラブプラス」。



awardIMG_9506.JPG


日本中が熱狂した国民的ガールフレンド、ラブプラス。


awardIMG_9517.JPG


受賞理由は以下の通りだ。

KONAMIの「ラブプラス」は、
カノジョとなる女の子と思い出を重ね、
恋人同士になった後の二人の関係を育んでいくことが
特徴のコミュニケーションゲームソフト。
「あなたの毎日に、ラブをちょっとプラス」のコンセプト通り、
まっすぐな気持ちで大切な人と向き合い、
時間を重ねていくことの素晴らしさを思い出させてくれる
ロマンス力に優れた作品。
日本中に、パートナーや周りの人への優しさ、
夢見る気持ちを与えてくれた功績はとても大きい。



awardIMG_5948.JPG


「ラブプラス」の生みの親、
(株)コナミデジタルエンタテイメント、プロデューサー、
内田 明理氏に、トロフィーが授与された。


awardIMG_9523.JPG  awardIMG_9524.JPG


ロマンスクリエイティブ部門 映画、
受賞者は「半分の月がのぼる空」。


awardIMG_9530.JPG


まっすぐに人を好きになり、
まっすぐに大切な人と向き合うことの大切さ、
この映画には、そんな大事なことが、たくさん詰まっている。


awardIMG_9532.JPG


受賞理由は、以下の通り。


本当に大切なことは何だろう。
いま、胸に手をあてて、ゆっくりと感じて欲しい。
最愛な人が傍らにいるという幸せ、
いつしかそれは、あまりにも当たり前すぎて、
私たちはその大切さに気づかなくなる。
二人が共に在ること、それ自体が本当は、
かけがえのない奇跡であり、
私たちが私たちの人生を
懸命に生きる意味そのものに他ならない。
本作品は、そんな風に、観た後に、
大切な人が傍らにいることに感謝し、
ぎゅっと抱きしめたくなる珠玉のラブストーリーである。


awardIMG_5974.JPG


トロフィーの授与は、
主演の池松壮亮氏、忽那汐里氏。



awardIMG_9546.JPG
  awardIMG_9548.JPG


ロマンスクリエイティブ部門 音楽、
受賞者は「ロマンスの神様」。



awardIMG_6039.JPG


トロフィーの授与は、広瀬香美氏。


受賞理由は以下の通り。


「ロマンス」という言葉を想起させる
最も代表的な楽曲として長く愛され続けている。
歌い手である広瀬香美さんは、
今や国民的コミュニケーションツールとなった
twitterユーザーの草分け的な存在であり、
分け隔てなく、気さくに、直接、
ファンユーザーとコミュニケーションを取り合う姿に、
多くの人が感銘を受けた。
"「音楽」を通して皆さんの「微笑」を増殖させる
「微笑大使」を目指してます!"という自身の言葉通り、
「ロマンスの神様」という楽曲と、
その歌い手のロマンス力を大いに称賛したい。



awardIMG_9558.JPG  awardIMG_9560.JPG


日本ロマンチスト協会特別賞、
受賞者は、AUN J クラシック オーケストラ。



awardIMG_9563.JPG


日本はもっとカッコイイ。
熱い想いで立ち上がった、古楽器演奏者たち。


awardIMG_9564.JPG


受賞理由は以下の通り。

日本はかっこいい!ということを、
和楽器を通じて世界に発信すべく、
それぞれ一線で活躍する
メンバーが集まった和楽器ユニット。
ジブリ音楽や、コブクロ、ケツメイシ等が歌った
「桜」をカバーしたアルバムをリリース。
全国の桜の名所でコンサートを行う傍ら、
小学校を訪問。子どもたちに和楽器の演奏と
桜の植樹を体験してもらい、日本愛を伝道している。
6月末、世界遺産、フランス「モンサンミッシェル」の
修道院の中で世界初のコンサートをすることが決定!
日本愛をモンサンミッシェルから世界に発信。


awardIMG_6083.JPG


トロフィーの授与は、
井上良平氏、井上公平氏のふたり。


awardIMG_6116.JPG


波房事務局長より総評。
ロマンス力溢れる企業や商品、サービスなどが増えると、
社会に幸せな好循環が生まれる、
ロマンス循環型社会を提唱!
そして、受賞者の皆さんには心よりおめでとうをいいたい。


awardIMG_6126.JPG

本イベントの協賛社である、
IBJ株式会社、代表取締役社長 石坂茂氏より
ご挨拶をいただく。


awardIMG_9578.JPG


愛あるおせっかいが増えると、社会はもう少し豊かになる、
そんな秘密結社が誕生したことを熱く語る、石坂氏。



awardIMG_6138.JPG


同じく、協賛社である、
株式会社アスア代表取締役社長 間地寛氏より
ご挨拶をいただく。


awardIMG_9586.JPG


同社と、日本ロマンチスト協会がタイアップで進める
ロマンティックドライバープロジェクトが発表された。



awardIMG_6184.JPG


フォトセッションを行い、第1部終了。

セッション後は、第2部として、ロマンス音楽団
AUN J クラッシックによるライブイベント。


awardIMG_6214.JPG   awardIMG_6216.JPG

awardIMG_6218.JPG

awardIMG_6235.JPG  awardIMG_6240.JPG  awardIMG_6264.JPG


まさに至宝の演奏と呼ぶにふさわしい。


awardIMG_9642.JPG


イベント終了後は、ロマンチスト交流会。


awardIMG_9657.JPG


100人以上のロマンチストが大集結。


awardIMG_9630.JPG


AUN J クラッシックによる、ライブパフォーマンスも実施。


awardIMG_9661.JPG  awardIMG_9679.JPG

ロマンスの日の立役者、
日本一ロマンティックな市役所マン、柴田宣教師。


さまざまな調整役を買ってでた、竹本宣教師。


このイベントは、多くの方々のロマンス力で成り立っている。


awardIMG_9636.jpg

そして、最後に、この男がいなかったら、
ジャパン・ロマンス・アワードは成立しなかっただろう。
久保宣教師、心からお礼をいいたい。


ステキなイベントをありがとう。

2010年6月14日 15:54 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントを投稿する

このブログ記事に対するトラックバックURL:http://japan-romance.com/mtadmin/mt-tb.cgi/131

Get Adobe Flash player