天羽 礼: 2011年1月のブログ記事一覧

RDロゴ.jpg
昨年からクリエイティブ制作等準備を進めてきた
「ロマンティックドライバープロジェクト」、
遂に第一弾のアイテムが揃った。

RDステッカー.jpg
久保事務局長とロマンティックドライバーin雲仙マグネットステッカー。
予想以上の出来だと波房会長も満足気。

ポスター.jpg
間もなく雲仙で展開される(もうされている?)ポスター。
聖地ブログでも紹介される予定なので要チェックだ。
図2.jpg
本日のロマンティックミーティングは長崎県「2011交流拡大プロジェクト」、
高知県「志国高知 龍馬ふるさと博」などの総合プロデューサーでもある
西川りゅうじん氏に日本ロマンチスト協会の紹介。
佐藤吉文宣教師からの紹介だ。

mtg.jpg
※写真は右から西川りゅうじん氏、波房会長、佐藤宣教師

成人男性3名でのハートマーク。この微妙さが絶妙だ。

西川氏によると、長崎県はハグ、キス、男女平等など
様々なロマンスアクション発祥の地だそうだ。

西川りゅうじんロマンス宣教師誕生が確定し、今年は聖地雲仙
のみでなく、「ロマンティック長崎」として拡大の予感!

更に、2010年ブレイクした高知県でも動きが出るようだ。
ロマンチスト協会名誉会長坂本龍馬生誕の地、
きっとサプライズいっぱいの企画になるに違いない。

ロマンティックミーティングが一段落したところで
山本浩喜宣教師の待つやきとり宮川へ。

オーナーの星氏、浜倉好宣氏も交えロマンス談議に花が咲く。
そしてなんと、先日立ち上がったばかりの新企画
Project Pink」の企画を西川りゅうじん宣教師、浜倉氏の
手掛けた渋谷セボンプラージュで実施することが決まった。
shop.jpgまさにProject Pinkにピッタリなスペースだ。

日々様々な仲間を巻き込みつつその勢いを増す
日本ロマンチスト協会。

今年はやはり一波乱起きる予感
目が離せないぞ!

all.JPG
最後に全員で記念撮影。
左から、浜倉氏、西川氏、佐藤氏、山本氏、波房氏、星氏、八田氏。


2shot.jpg
おまけ その1:
 西川りゅうじん氏と佐藤宣教師(やっぱり♡)

ohoshisama.JPGおまけ その2:
 とてもロマンティックな「やきとり宮川」オーナーの星氏。
 自然栽培の野菜から鶏がらスープご飯まで
 本当においしかったです。
 ごちそうさまでした。(そして♡)
1月22日(土)、LOVE原宣教師からの推薦で、自由大学
行われたレクチャープランニングコンテストに日本ロマンチスト協会
波房会長と八田副事務局長が参加した。 

FreeUniv.jpg
レクチャープランニングコンテストとは、企画者が魅力的な講義の
アイデアを発表する場で、今後自由大学で行う講義の選定を行うものだ。

Lovehara.jpg
ここ自由大学でサッカースパニッシュ等の講義を行っている
愛原(Love原)宣教師の紹介で、コンテストへ参加することになったのだ。

IMG_0408.JPG
世田谷ものづくり学校は廃校となった旧池尻中学校の校舎をそのまま
使っているため、「日直」欄のある黒板など懐かしい学校の教室を
体験することができた。

IMG_0402.JPG
参加者の前でいつも通り、絶妙なトークで参加者の笑いを取りながらの
プレゼンテーションを行う波房会長。

テーマは、日本ロマンチスト協会での活動事例を基にした
【ソーシャル・ムーブメントの仕立て方~社会のワクワクをデザインする~】

笑いの中にも「へぇ~」「ほぉ~」といった感心と驚きの声が混ざるナイスな
プレゼンテーションだった。

IMG_0409.JPG
全5組のプレゼンテーションが終わり、参加者からの投票結果を発表。
そして・・・

IMG_0411.JPG
圧倒的な支持を得て、見事『ベストプランニング賞』を受賞。
波房会長曰く、楯やトロフィーはあっても、金メダルを貰ったのは
人生初とのこと。帰り道も首に掛けているくらい嬉しかった様子(笑)

メダル.jpg
受賞した金メダル。裏には自由大学のロゴ入りだ。

愛原宣教師と自由大学の皆さまに感謝。
そして、波房会長が自由大学で教授デビューする日も近いかもしれない。
講座内容は実現の時まで請うご期待!!
「JAL長崎-東京 増便記念キャンペーン」で当たる島原半島の特産品に
ロマンスポテトコラボ商品「じゃがいもスイーツ 愛しのエリー」が登場!!

JAL.jpg

present.jpg
「じゃがいもスイーツ 愛しのエリー」は雲仙ロマンスポテトと神戸支部の
ロマンス宣教師今堀恵理さん(パティシエ・ファッションモデル)とのコラボ
スイーツ。

今年はこうしたコラボ企画が量産の予感。楽しみだ。

今堀恵理さんのブログ神戸支部ブログでも紹介されているぞ。

kobebanner.jpg



今年はPINKか?

2011年1月 6日

昨日、東京ミッドタウンにて、
今年の当協会の活動についてのミーティングが行われた。


日本のピンク力を育成するため、
PROJECT PINKを立ち上げたオリビア先生、
やはり、時代を掴んでいた。


今年の東京デザイナーズウィークのテーマは、
何と「PINK」らしい。


~Red Listは人間かもしれない~という語り口から、
ピンクが語られる。まさに、文脈は一緒。


それと「東京女子プロジェクト」が行う展示会のテーマ。
「Why don't you PINK?」


img_pink.png


そして、社団法人日本グラフィックデザイナー協会が、
来月、東京ミッドタウンのDesign Hubで行う展示のテーマは、
「Romance」。


やばいな~。時代はきてる。


bodw_romance.jpg


そんなことを熱く語り合う、ロマンス宣教師たち。


最後に、東京ミッドタウンでは着物イベントが。


20110106001.jpg


着物を着ると、男前度が上がる。



着物はロマンティックだ。


20110106.JPG

いつもより凛々しい、中村宣教師(左)、竹本東京支部長(右)。



社会のピンク力を育成する。
PROJECT PINK

pinklogo20110103.jpg


毎月、19日はピンクの日。


pink.jpg

◆毎月19日に行うPROJECT PINK アクション5
 
※暫定版

 1.ピンクを身につけてみる
   ⇒男性も女性もワンポイントピンクを実践

 2.ピンクを褒め合ってみる
   ⇒身に付けたピンクを褒めることで持続可能な形に「NICE PINK!」

 3.ピンクに変えてみる
   ⇒行き詰った会議に全員がピンクのネクタイで臨んだら・・・

 4.ピンクな雰囲気を作ってみる
   ⇒「日常の中の非日常な演出」が二人の距離を近づける

 5.ピンクに触れ合ってみる
   ⇒マッサージを通じたコミュニケーションで、愛を深める「ラブモミ」



 

聖地の聖地化

2011年1月 4日

20110103001.jpg


ついに、「じゃらん」に聖地が登場!
しかも、パワースポットとして紹介されている。


以下、聖地ブログより

------------------------------------------------------


色んな方々に支えられ、
日に日にその存在感を増している聖地ですが、
この度観光雑誌として有名な「じゃらん(九州版)」1月号に、
恋愛成就のご利益があるスポットとして紹介されました!


九州内にお住まいの方は是非チェックしてみてください。
勝手に言い出した「聖地」が徐々に神がかってきました。
今年は更なる飛躍を目指しますので、応援よろしくお願いします。


今年はうさぎ年。兎→辰→巳の干支は、
「生まれ、立ち、実になる」となぞらえられるそうで、
何かをはじめるには良い年だということです。


皆様も一番大切な誰かのために、
何かを始めてみてはいかがでしょうか?
もちろん、ロマンチスト協会入会とか、
愛の聖地プロジェクト入会なんかもお待ちしてます(笑)


なお、聖地へお越しの方で雲仙温泉に行かれる方は、
現在霧氷が楽しめます。


チェーン規制がされてますので、
スタッドレスタイヤかチェーン装着で登ってください。
今年は年末年始の豪雪もあり、かなり幻想的な雲仙温泉です。


雲仙観光協会のHPはこちら

http://unzen.org/


------------------------------------------------------


■霧氷(雲仙ガイド「さるふぁ」さんのブログより
http://ameblo.jp/sulfur66/day-20110104.html



20110105003.jpg
ロマンスタウン、ハウステンボスの宣教師たちが、
何やら仕掛けたらしい。



以下、聖地ブログより。

-----------------------------------------------------------------------


聖地はYahooさんやハウステンボスさん、
長崎県さんとタイアップした企画によって、
ちょっとだけみんなが優しい気持ちになれる企画を展開中です。


その名も、「光のリボンキャンペーン~みんなで灯そう1000万球


このキャンペーンは
世界の電気のない地域に光を届けることを目的として、
ハウステンボス、長崎県、長崎市、佐世保市、
そしてYahoo!JAPANがやってるんですが、
島原半島からはロマンチスト協会名誉本部である
島原鉄道愛の駅を選んでいただきました。。


以下4つのアクションを行うことで、
どなたでもこの活動にご参加いただけます。


 ①インターネット募金への参加
 ②長崎県内各地に設置された募金箱への募金
 ③ハウステンボスや長崎へのチャリティーツアーへの参加
 ④ツイッターによるキャンペーンへの応援メッセージの  つぶやき


そして、みなさまがこれらのアクションに参加することで、
Yahoo!JAPANの特集ページ上にバーチャル電球が
灯ります。


ハウステンボスで現在点灯している700万球の光と
みなさまからの募金やメッセージによって点いた
バーチャル電球をあわせて1000万球の光を灯そう!という
キャンペーンです。


ホームページ上で確認できるバーチャル電球の灯りが増えていくと、
みなさまからの募金も増えているということで、
最終的には募金額に応じて、
世界のあかりのない村に「ソーラーランタン」などの
照明器具が寄付されます。

-----------------------------------------------------------------------


20101216-hikari_ribon.jpg

↑こちらから、聖地の勇姿をみてみよう。



なんと、ロマンティックドライバープロジェクトが、
長崎の地元新聞に取り上げられた。

20110105001.jpg

プロジェクトの構想を語る、波房会長。

20110105002.jpg

1月にはロマンチストの聖地雲仙から全国へと展開する、
同プロジェクトの動向には目が離せない。







どうも、いま、時代に問われているのは、


カッコよさとは何か、ということだ。


たとえば、主張や行動に、一本筋が通っていて、
潔く、批判を恐れない大胆さと勇気を併せ持ち、


その一方で、伴侶や友、仲間を心から愛し、
人生を謳歌する風流人であろうとする、


そんな「人物像」が求められているような気がする。


ロマンチストとは、"大切な人を世界で一番幸せにできる人"。


ただし、我々は決して、博愛団体ではない。


いま一度、声を大にして叫びたい。


ロマンチストは究極のリアリストである!

自分にとって、本当に幸せなことは何かということを、
真剣に考え、それを実現しようと本気で動き出した者こそ、
人生の勝者である。


いま、問われているのは、
「自分にとって本当に幸せなこと」とは一体何か、
それを考えること。


その答えは誰も提示してくれない。
「一般」や「常識」、「慣習」の中にもない。


それは、自分自身で決めること。


そして、想い描いた風景に、本気で辿り着けると信じ、
そこに向かって歩き出すこと。


リアリストという名の諦観からは何も生まれない。


懐かしい未来を夢見るからこそ、活力が生まれる。


そう、希望はいつの世も人の心に宿るものなのだ。


自分自身の幸せを深く考えてみること。
大切な人との幸せな未来を夢見ること。
夢見る力を信じること。


そして、意思決定の主体は常に自分にある、
ということを正しく自覚すること。


2011年は、ロマンチストという、カッコよさ、
カッコいい生き様について、協会員と共に考え、
実践していきたい。


今年は、ロマンチストが増えると、
本当に社会はハッピーになるのか?


という壮大な社会実験プロジェクトが、
目白押しである。


ドライブを移動手段から
愛情表現に変えるプロジェクト
Romantc Driver Project

p_3.jpg

社会のピンク力を育成する。
PROJECT PINK

pinklogo20110103.jpg


6月19日「ロマンスの日」
大切な人を世界で一番幸せにする日

20100103002.jpg


Japan Romance Award

20100103004.jpg


ロマンスポテト拡販計画

20100103003.jpg

最後に、この協会は、
何かを仕掛けるためでもなく、
何かを呼びかけるためにあるのではなく、


協会の活動を通じて、
人生の喜びや楽しみを分かち合える、
ステキな仲間と出逢うこと、
それ自体が本当の目的である。


人生は自作自演のドラマである。
そのドラマをプロデュースするのは自分自身。
だったら、とびっきり、ロマンティックな方がいい。


Be romantic !!!


新年もアクセル全開でいこう。


日本ロマンチスト協会 会長 波房克典

Get Adobe Flash player