天羽 礼: 2009年11月のブログ記事一覧

全国でチューの環が。

2009年11月27日

全国でチューの環が広がっている。

 

沖縄のソバチュー、早くもニュースになっている。

 

■ソバ畑の中心でロマンスを叫ぶ=ソバチュー(琉球新報)


鳥取では、砂丘の中心で叫んだらしい。


■鳥取砂丘の中心で愛を叫ぶ

 

そして、姉妹団体である、愛妻家協会のサケビスト、
RyutaKさんからいただいた、「全国どこでもチュー連合」map


このmapで全国が塗りつぶされる日も遠くないかも。


map20091127.JPGのサムネール画像

↑ 、「全国どこでもチュー連合」map

ソバチューなんてのも

2009年11月24日

先日、当協会がワークショップをお手伝いした
沖縄県名護市では、



耕作放棄地を
自由で創造的な空間として活用しようと、
ソバ作りがはじまった。



もともと、名護市の我部祖河エリアは、
沖縄ソーキソバの発祥の地なのである。



沖縄で、ソバといえば、
小麦粉の平打ち麺をさすが、



沖縄で日本ソバを作ろうというのは、新しい。



いわば、ひとつの町おこしなのだが。



農業技術者によれば、
我部祖河ならば、美味しい日本ソバが
収穫できる可能性が高いらしい。


PB150317.JPG

↑この人が研究所の技術者。



そんな、まちづくりに向けて、輝きだした
大人たちがはじめたプロジェクト。

耕し2.JPG

耕作放棄地を開墾するプロジェクトの皆さん。

PB150323.JPG


きちんと整地化され。

肥料混ぜ.JPG

肥料を混ぜ合わせ。

PB150320.JPG

ソバの種まきをする。

PB090192.JPG

そして、最後に叫ぶ?


え?え?え?


そう、そうなんです。


ゼンチュー連に加盟希望とのこと。


12月下旬に
そばチューを実施するべく、動き始めたとのことです。

 

これは応援せねば。

ロマンス取り締まり

2009年11月15日

当協会では、ロマンチスト育成のための、
6つのアクションを推奨している。


そして、イベントを実施する際は、
協会員がロマンスパトロールに扮して、
6つのアクションを呼びかけている。


が、しかし、お隣の中国では・・・。
ロマンス取り締まりをしているらしい。


ゆゆしき事態である(笑)。


しかし、まじめにやる方も、ある意味おもしろい。


■ロマンス取り締まり

ロマンス大学構想

2009年11月12日

ロマンス大学、というのを検討している。


昨今、ますます、
ロマンス力が求められているような気がする。


たくさんの問題がある。


まるで、ニュートリノのように降り続ける
「浮気心」という罠。


いつの間にか、夫婦関係を蝕むセックスレス。


どうも、世の中で、いきいきと、ポジティブに、
かつ軽快に、自分に偽りなく生きている人は、
そもそも幸福度が高いばかりでなく、


大切な人を幸せにしようという優れたホスピタリティ
つまり、ロマンス力を持っている。


そして、そのロマンス力は、どうも、
自分の幸せばかりでなく、とりまく周囲を幸せにし、
その遠心力はやがて社会全体を幸せにする、


そう、まさにロマンス循環型社会へと向かわせる。


このロマンス力というモチベーションは一体、
どこからやってくるのか?


どうやったら身につけることができるのか???

 

それを明らかにするため、
日本ロマンチスト協会女子部である、
Love & Communicationのメンバーが立ち上がった!

LC7xNRA091112.jpg

その名も、ラブコミュ7。
まさに、7人の女刺客。


いや、7人のエンジェルたちだ。


ロマンス力を磨き、


最愛な人を大切にする男性になり、
大切にされる女性になる、

恋愛から最愛へ。


最愛へ至る道をレクチャーするロマンス大学。


とりあえず、日にちだけ決まりました。


第1回目は、3月6日に決定。


乞うご期待。

当協会の名誉本部である、
愛の駅がリニューアルする。


0967.jpg

↑8月から公募されていた愛の駅のデザイン募集に、
なんと、40件近いデザインが応募があった。


11月10日は、そのデザインの最終選考会。


東京組は、波房事務局長、井手迫主席研究員、早坂宣教師。


まずは、あのオバマ選挙でブームになった、
雲仙小浜町にて、小浜ちゃんぽんを堪能する。

IMG_0227.JPG

さすが、B1グランプリに出るだけはある。


うまい!
ちゃんぽんと寿司という組み合わせも粋だ。


IMG_0229.JPG

雲仙市役所にて、最終選考会が開かれた。


IMG_0243.JPG

かくして、最終選考会がはじまる。


IMG_0234.JPG   IMG_0242.JPG

IMG_0232.JPG  IMG_0241.JPG

壁に貼られた応募作品について、熱い議論が飛ぶ。
たくさんのマスコミの取材も入る。


そして、選ばれたのは・・・

IMG_0239.JPG

このデザイン。
散りばめられたクローバーの中から、
四葉のクローバーを探すと幸せになれる、
という遊び心もいい。

厳選なる審査の結果。
このデザインを基本デザインとしながら、
愛とロマンスがわかりやすい色味(赤とかピンク)にしよう、
ということで、意見がまとまった。

このデザインは、
地元長崎のメトロコンピューターカレッジの学生さんで、
岩永夢子さんの作品。


見事、最終選考で選ばれた岩永さんには、
ロマンチスト協会長崎本部長である、
雲仙市長より、雲仙市長賞が贈られる。


と、これからが大変である。


まず、11月22日(日)の「いい夫婦の日」、
雲仙市長賞授賞式と、塗り初めイベントが開催される。

●イベント概要(予定)
日時:11月22日(日)、「いい夫婦の日」、11:30から開催。
主催:雲仙市、島原鉄道、日本ロマンチスト協会
場所:愛の駅
内容:市民の皆さんと塗り染め式の実施

【プログラム】

 ・最優秀賞受賞者への賞状贈呈
 ・メトロコンピュータカレッジへの感謝状授与
 ・先着50名にロマンティックスイーツ進呈
 ・昼食にじゃがいも料理ふるまい

IMG_0237.JPG

最後に余談だが、この写真に注目してもらいたい。


愛の聖地で育ったお米はロマンティックなお米、
ロマンス米であろう、ということから、縁むすびの神様の総本山、
出雲大社に奉納してきたとのこと。

やりますね~♪


ぜひ、このお米で、縁むすび、というおにぎりを開発してもらいたい

町おこしのワークショップに講師として呼ばれた。

IMG_0209.JPG


何でも、町おこしのストーリー作りをお手伝いする、というもの。

どうも、雲仙市と協会のコラボ事例に興味をもってくれたらしい。

IMG_0210.JPG  IMG_0212.JPG
IMG_0213.JPG  IMG_0215.JPG

ロマンス力について熱弁をふるう事務局長。

IMG_0214.JPG

熱心に耳を傾ける受講者のみなさん。

どうも、沖縄県名護市では、耕作放棄地がたくさんあり、
その耕作放棄地を利用して何かできないだろうか、
ということが、今回の議題らしい。

IMG_0217.JPG  IMG_0219.JPG

IMG_0221.JPG


名護市の我部祖河という地区は、
沖縄ソーキそばの発祥の地らしい。

IMG_0195.JPG  IMG_0196.JPG

これが元祖、沖縄ソーキそば。

ということは、我部祖河は、沖縄そばの聖地(笑)。

町おこしを成功させるには、いくつかの要素が必要だと、
本講演でもお話した。

①事件性(ニュース性)・・・小浜町→オバマ→世界とつながる
②特異性(独自性)・・・ここにしかないもの
③外にエネルギーを向けるのではなく、内側にエネルギーを向ける
(携わる人がまずどれだけ楽しめるか)

そこで・・・。

IMG_0226.JPG  IMG_0225.JPG

どうも、沖縄でそばといえば、
小麦粉の平うち麺らしいのだが、思い切って、
日本そばを作ってみてはどうか?ということになり、


受講者の中には、農業研究者もいて、
名護の土壌は、美味しい日本蕎麦が育つポテンシャルがあるとか。


沖縄で日本蕎麦。
確かに、それなら、事件性は十分にある。

町おこしとして、蕎麦を育ててる町は沖縄にはない。
確かに特異性もある。


じゃあ、誰の土地で種をまく?

それなら、オレの土地使ってくれ、と受講者から。


じゃあ、種はどうする?

私が手配します、と農業研究者から。


じゃあ、いつ種まきしたらいいの?

えっと、来週あたりでしょうか、と研究者。


じゃあ、来週の土日、参加できる人、手を挙げて。

という具合にトントン、と。
みんなのモチベーションも高い。

これはうまくいくかも、と期待がふくらむ。


そんなわけで、成り行き上、当協会でも、
いろいろとお手伝いすることになり、
プロジェクトのロゴやコピーなどをお手伝いすること。

ちなみに、

ソバ畑の中心で愛を叫ぶ、ソバチューをやるらしい。

あなたのソバにずっといます、ということらしい。


ちなみに、こんなものを発見した。

IMG_0189.JPG

願いを叶え終わったからだろうか?

 

ロマンス宣教師であり、タレントであり、
食育コーディネーターである、
岡田真奈美氏の呼びかけにより、
とあるレストランのメニュー開発を
プロデュースすることになった。

IMG_0183.JPG

なぜ、そんなことになったのか?


そこにはひとりの熱いロマンチストがいた。


このレストランンのオーナーは、
横浜南部市場で、魚の卸売業を営む瀧澤氏。


瀧澤氏は、昨今の日本の食料事情は嘆き、
日本の食が危ない!と、警鐘を鳴らし続け、
生産現場から、子どもたちに正しい食育を行いたい
と思い、その事業をたった一人で行おうとしていた。


だけど、自分ひとりでできることは限られており、
もっと、安全で美味しい、食育レストランをオープンしよう
そうやって立ち上げたのが、


食育レストラン「BARVEL」だ。
このレストランを中心に人が行き交い
そのメッセージを広げていきたい、というわけだ。


そこで、岡田真奈美氏が主宰する環境メディアフォーラムと、
ロマンチスト協会が、瀧澤氏の心意気に応え、
このレストランのメニューなどをプロデュースしようと、
集まった。

IMG_0179.JPG

その心意気に賛同した、ロマンチスト協会の面々。


まずは、ランチでもしながら、ひとつ作戦会議と、
下記のメンバーが集まった。

波房事務局長
岡田真奈美氏(ロマンス宣教師・タレント)
手島渚氏(ロマンス宣教師)
山本ぺロ氏(ロマンス宣教師)
畠山真由氏(ロマンス宣教師・MYLOHAS編集長)
土井孝氏(ロマンス宣教師・MYLOHAS編集部)
中嶋美年子氏(アナウンサー)
唯川明日香氏(タレント)
大浜芳美(タレント・キックボクサー)

P1040304.JPG  P1040305.JPG
P1040306.JPG  P1040308.JPG

神奈川近郊でとれた、野菜や魚を中心とする、
創作和食のレストラン。

P1040300.JPG  P1040301.JPG
P1040302.JPG  IMG_0182.JPG

おそらく、食材には物語がある。
その食材がその土地に育まれて、根付いていくには、
たくさんのストーリーがある。


当協会では、食材や料理、
そして、それを味わう空間から生まれる
物語を大切にして、このレストランを盛り上げていきたい。


そんな熱い想いを共有した1日だった。


BARVEL
住所:渋谷区上原2-48-9松崎ビル1F
TEL:03-3460-1656


ここからステキな物語を紡いでいきたいと願う
ロマンチストたち。

P1040303.JPG


ちなみに、このお店で、
愛の聖地の名産、ロマンスポテトがメニュー化され、
デビューする。


乞うご期待。







 

 

Get Adobe Flash player