ロマンティックという言葉のもつ、創造性について考えてみる。


日本ロマンチスト協会では、
ロマンチスト=大切な人を世界で一番幸せにできる人、


そのように定義している。


ただ、日本ロマンチスト協会は、
友愛団体(秘密結社)ではあるが、
世界平和や地球環境保全を訴求するNPOではない。


別に、社会起業家でもない。
ソーシャルな大義のもと、集っている訳でもない。



"自分の女も幸せにできない奴が夢を語るな"

"一番の問題は、まず、君が何をするかだ"

"正しいか正しくないかよりも、カッコいいか、カッコ悪いか"



大切な人を世界で一番幸せにするために、


男は、粋で、カッコよく、そして、やさしくなければいけない。
女は、年を重ねるごとに、美しく、いい女でいなければいけない。


ロマンティックとは、美学である。


ロマンチストとは、生き方に美を求めるものであり、
愛に生きるものである。


愛とは、真・善・美、そのものであり、パッションである。


選択できる自由な時代だからこそ、
一方で、"価値"が混迷な時代だからこそ、


生き方は自分で決める。


その価値基準は、カッコいいか否か、
そんな風に生きたっていいじゃないか。


いま、我々、協会員に求められているのは、


その生き様がカッコいいか、


そこに潔さと覚悟、そして信念があるかどうかだ。


"後悔"というものは常に、
結果そのものに付きまとうのではなく、
それらを導きだした意思決定のプロセスそのものにある。


潔さと覚悟、そして信念のもとに意思決定を行い、
全力で向き合う、その時点で、その人は人生の勝者だ。


夢見ることを否定するものは、
自身の人生の創造性を否定することに他ならない。


大いに夢を抱こう、大いに夢を語ろう。


なぜなら、人の本気は、時代は創る。


そして、その本気で、愛に生きる。


ロマンチスト諸氏よ、愛に生きよ。


今こそ、愛にシフトせよ。

2010年8月29日 01:52 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントを投稿する

このブログ記事に対するトラックバックURL:http://japan-romance.com/mtadmin/mt-tb.cgi/140

Get Adobe Flash player