ロマンス宣教師であり、タレントであり、
食育コーディネーターである、
岡田真奈美氏の呼びかけにより、
とあるレストランのメニュー開発を
プロデュースすることになった。

IMG_0183.JPG

なぜ、そんなことになったのか?


そこにはひとりの熱いロマンチストがいた。


このレストランンのオーナーは、
横浜南部市場で、魚の卸売業を営む瀧澤氏。


瀧澤氏は、昨今の日本の食料事情は嘆き、
日本の食が危ない!と、警鐘を鳴らし続け、
生産現場から、子どもたちに正しい食育を行いたい
と思い、その事業をたった一人で行おうとしていた。


だけど、自分ひとりでできることは限られており、
もっと、安全で美味しい、食育レストランをオープンしよう
そうやって立ち上げたのが、


食育レストラン「BARVEL」だ。
このレストランを中心に人が行き交い
そのメッセージを広げていきたい、というわけだ。


そこで、岡田真奈美氏が主宰する環境メディアフォーラムと、
ロマンチスト協会が、瀧澤氏の心意気に応え、
このレストランのメニューなどをプロデュースしようと、
集まった。

IMG_0179.JPG

その心意気に賛同した、ロマンチスト協会の面々。


まずは、ランチでもしながら、ひとつ作戦会議と、
下記のメンバーが集まった。

波房事務局長
岡田真奈美氏(ロマンス宣教師・タレント)
手島渚氏(ロマンス宣教師)
山本ぺロ氏(ロマンス宣教師)
畠山真由氏(ロマンス宣教師・MYLOHAS編集長)
土井孝氏(ロマンス宣教師・MYLOHAS編集部)
中嶋美年子氏(アナウンサー)
唯川明日香氏(タレント)
大浜芳美(タレント・キックボクサー)

P1040304.JPG  P1040305.JPG
P1040306.JPG  P1040308.JPG

神奈川近郊でとれた、野菜や魚を中心とする、
創作和食のレストラン。

P1040300.JPG  P1040301.JPG
P1040302.JPG  IMG_0182.JPG

おそらく、食材には物語がある。
その食材がその土地に育まれて、根付いていくには、
たくさんのストーリーがある。


当協会では、食材や料理、
そして、それを味わう空間から生まれる
物語を大切にして、このレストランを盛り上げていきたい。


そんな熱い想いを共有した1日だった。


BARVEL
住所:渋谷区上原2-48-9松崎ビル1F
TEL:03-3460-1656


ここからステキな物語を紡いでいきたいと願う
ロマンチストたち。

P1040303.JPG


ちなみに、このお店で、
愛の聖地の名産、ロマンスポテトがメニュー化され、
デビューする。


乞うご期待。







 

 

2009年11月 3日 18:33 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントを投稿する

このブログ記事に対するトラックバックURL:http://japan-romance.com/mtadmin/mt-tb.cgi/70

Get Adobe Flash player