町おこしのワークショップに講師として呼ばれた。

IMG_0209.JPG


何でも、町おこしのストーリー作りをお手伝いする、というもの。

どうも、雲仙市と協会のコラボ事例に興味をもってくれたらしい。

IMG_0210.JPG  IMG_0212.JPG
IMG_0213.JPG  IMG_0215.JPG

ロマンス力について熱弁をふるう事務局長。

IMG_0214.JPG

熱心に耳を傾ける受講者のみなさん。

どうも、沖縄県名護市では、耕作放棄地がたくさんあり、
その耕作放棄地を利用して何かできないだろうか、
ということが、今回の議題らしい。

IMG_0217.JPG  IMG_0219.JPG

IMG_0221.JPG


名護市の我部祖河という地区は、
沖縄ソーキそばの発祥の地らしい。

IMG_0195.JPG  IMG_0196.JPG

これが元祖、沖縄ソーキそば。

ということは、我部祖河は、沖縄そばの聖地(笑)。

町おこしを成功させるには、いくつかの要素が必要だと、
本講演でもお話した。

①事件性(ニュース性)・・・小浜町→オバマ→世界とつながる
②特異性(独自性)・・・ここにしかないもの
③外にエネルギーを向けるのではなく、内側にエネルギーを向ける
(携わる人がまずどれだけ楽しめるか)

そこで・・・。

IMG_0226.JPG  IMG_0225.JPG

どうも、沖縄でそばといえば、
小麦粉の平うち麺らしいのだが、思い切って、
日本そばを作ってみてはどうか?ということになり、


受講者の中には、農業研究者もいて、
名護の土壌は、美味しい日本蕎麦が育つポテンシャルがあるとか。


沖縄で日本蕎麦。
確かに、それなら、事件性は十分にある。

町おこしとして、蕎麦を育ててる町は沖縄にはない。
確かに特異性もある。


じゃあ、誰の土地で種をまく?

それなら、オレの土地使ってくれ、と受講者から。


じゃあ、種はどうする?

私が手配します、と農業研究者から。


じゃあ、いつ種まきしたらいいの?

えっと、来週あたりでしょうか、と研究者。


じゃあ、来週の土日、参加できる人、手を挙げて。

という具合にトントン、と。
みんなのモチベーションも高い。

これはうまくいくかも、と期待がふくらむ。


そんなわけで、成り行き上、当協会でも、
いろいろとお手伝いすることになり、
プロジェクトのロゴやコピーなどをお手伝いすること。

ちなみに、

ソバ畑の中心で愛を叫ぶ、ソバチューをやるらしい。

あなたのソバにずっといます、ということらしい。


ちなみに、こんなものを発見した。

IMG_0189.JPG

願いを叶え終わったからだろうか?

 

2009年11月 5日 22:56 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントを投稿する

このブログ記事に対するトラックバックURL:http://japan-romance.com/mtadmin/mt-tb.cgi/71

Get Adobe Flash player