「 ロマンスポテト販売計画」というものがあるらしい。

2008年6月19日「ジャガイモ畑の中心でロマンスを叫ぶ」
ジャガチューイベントが、聖地・愛野にて行われたが...。

どうも、植物というのは、声をかけてあげるとすくすく育つらしく...。

実は至ってマジメに、そして真剣に、ある計画が進行していた。

毎年の恒例として、収穫前の最後のひと仕上げとして、
ロマンチストたちが愛を叫ぶ。

  そのロマンティックなエネルギーを受けて育まれたジャガイモは、
「ロマンスポテト」として収穫され、販売されていく、というものだ。

いたってマジメな計画だ。

そして、この若者たち。彼らは上智大学の学生だ。 

IMG_1080.jpg   IMG_1081.jpg

左から上智大学の岩村クン、勝野クン、辻クン。そして、奥村雲仙市長。

どうも、ジャガチューの取組を知り、
 
学園祭の模擬店で「ロマンスポテト」を販売したいと雲仙市長を表敬訪問。

ロマンスポテトの調達に訪れたわけだ。

  「ロマンチストが増えるとキャンパスライフが楽しくなる」
という壮大な計画を夢に描き、聖地を訪問。

ソフィア祭で、ロマンスポテトがデビューするらしい。

やるなぁ~上智大学。やるなぁ~雲仙市長。

●島原新聞の記事でも紹介

 

2008年9月14日 01:02 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントを投稿する

このブログ記事に対するトラックバックURL:http://japan-romance.com/mtadmin/mt-tb.cgi/28

Get Adobe Flash player